夏こそ肌は乾燥してる!? そのゆらぎ肌、インナードライのせいかも?


 

乾燥しがちな季節も終わり、次はテカリや化粧崩れが気になる季節ですね。
でも、季節に合わせて夏用のケアに切り替えたのに、肌のベタつきや毛穴の開きが気になる…という人もいらっしゃるのではないでしょうか?
その肌悩み、インナードライのせいかもしれません!
 

湿度が高い時期でも肌が乾燥してしまう理由は?

梅雨の時期は湿度が高いから、肌も乾燥しづらいものと油断していませんか?
確かに、雨の続く梅雨は湿度の高い日が増えますが、肌の内側が秘かに乾燥する“インナードライ”になりやすい時期でもあるのです。
ジメジメと湿度の高い梅雨の季節は、エアコンを使用することも多くなります。
さらに、強くなってきた紫外線の影響もあり、気づかないうちに肌の内側が乾燥してしまうのです。

 

夏こそ注意!“インナードライ”ってどんな肌?


 
湿気が多く、気温も上昇してくる夏の肌は、汗をかいたり皮脂が多く分泌され、ベタつきやすい状態。
毛穴の開きや夕方の化粧崩れが気になりますよね。
ついつい、さっぱり系のケアに切り替えて、冬に比べて保湿を意識しなくなってしまいますが、それは逆効果。

汗をかいた肌は、表面の水分が蒸発することで角質層のうるおいが失われてしまいます。
そのため水分が足りなくなり、さらに皮脂の分泌が加速してしまうのです。
また、強い紫外線に当たったり、エアコンの効いた室内にいたりすると、乾燥はさらに加速…。
つまり、梅雨時期のお肌は表面がベタベタしていても、内側はカラカラな状態!こうして、隠れた乾燥肌=インナードライになってしまうのです。

 

梅雨や夏こそ、たっぷりのローションでうるおいを!




そんな肌には、化粧水をたっぷり使って保湿してあげることが効果的。
水分を補給して内側の乾燥を防ぐことで、余分な皮脂の分泌を抑えてくれます。
本格的な夏を迎える前にしっかりケアしておきたい!という人には、さらにローションマスクでパックしてあげることがオススメ。
たっぷりのローションでパックすることで、肌の角質層までうるおいがたっぷりチャージされます。
水分を補給して肌のキメが整うと、肌の透明感もアップ。
さらに、化粧も崩れにくくなり、紫外線によるダメージも軽減できますよ!

 

朝と夜、それぞれ効果的なケアを!

より保湿効果を高めるには、朝と夜、それぞれの時間帯で適切なケアを行うことがオススメ。
うるおいをとじ込めて、ヘルシースキンを一日中キープ!



 
≪朝≫
ベースメイクの前に、ローションマスクで朝マスク。朝からうるおいをチャージすると、メイクのノリもアップします。

≪夜≫
紫外線やエアコン、外気でダメージを受けた一日の肌疲れは、その日のうちにローションマスクでレスキュー。たっぷりローションを含ませたマスクを5~10分顔にフィットさせると、肌疲れを持ち越さずにヘルシースキンをキープできます。

 
 

マスクもセットになった限定キット発売中


ゆらぎやすい季節のうるおいチャージには、Awakeのリキッドハイドレイターがオススメ!
厳選した植物エキスを配合したオイルインローションは、肌のお悩みに合わせて3種類から選ぶことができます。
 
今なら、リキッドハイドレイターにローションマスクシート(10回分)とミニボトルがついた「モイスチュアチャージキット」が限定発売中。
ローションマスクシートは、化粧水を染み込ませて簡単にパックができるタイプのもの。目や口の際など、乾燥しやすい細部までしっかりうるおいを補給できます。
 
梅雨に入ったらなんだかお肌の調子がイマイチ…という人こそ、たっぷりのローションでうるおいチャージしてみてくださいね!
 
▼しっとりタイプは⇒こちら
▼さっぱりタイプは⇒こちら
▼うるサラタイプは⇒こちら